別れのそばに、100年。のいり

  • お見積り
  • 資料請求

スマートフォンメニューオープン

文字サイズ

24時間365日、すぐに対応いたします。 0120-24-0948

24時間365日、すぐに対応いたします。 0120-24-0948

  • お急ぎのお客様へ
  • お見積り
  • 葬儀料金を割引 入会はこちらから

トップ > 採用情報 > 仕事と人を知る

仕事と人を知る

「のいり」の業務紹介

営業部

●葬儀施行

お迎えからお骨安置まで、葬儀の施行を通して遺族の想いを実現します。

●地域渉外

お寺様や町内様など地域との関係を深め、町内様へは町内特約制度をご案内します。

「親切・丁寧」をモットーに、プライドをもって葬儀に臨みます。

営業部 部長 山下 健

寺葬では、寺院の本堂にゼロから白い幕を張り、畳の上に白布を敷き、祭壇を仕上げていきます。その厳かな雰囲気は私たちの緊張感をさらに高める、まさに「日本の葬儀」といっても過言ではありません。大正元年の創業より代々受け継がれた技術をこれからの世代に受け継ぎ、プライドをもってさらに磨きをかけていきます。

営業部 部長 山下 健

業務部

●葬儀支援

看板・葬儀小物・幕類の制作、配送、在庫管理を担当しています。

●設営企画

葬儀の会場設営を担当しながら、イベント設営の社外販売もおこなっています。

●施設警備

クレストホールとファミリーノの駐車場警備、式場の当直業務を担当しています。

●運輸

一般貨物自動車運送事業(霊柩)、一般貸切旅客自動車運送事業を担当しています。

設営技術と企画力で地域社会へ奉仕します。

業務部 部長 桜庭 孝蔵

第38回木曽川商工まつり、イオンモールのタイアップイベントでは、設営全般におけるプロデュースのお仕事をいただき、イオンモールと野外会場の設営に奔走しました。葬儀を含め、イベントの企画・設営・運営を総合プロデュースできる部門に成長させたいと思っています。

業務部 部長 桜庭 孝蔵

総務部

●営業事務

電話応対、接客応対、各種手配、伝票作成など、葬儀に関わるサポートをおこなっています。

●総務・人事

社内規程整備、社内文書管理、人事管理、労務管理、福利厚生、人材採用など担当しています。

●経理

出納管理、売掛金・買掛金管理、決算業務、税務・財務関連などを担当しています。

●エンバーミング

エンバーミングをはじめとする納棺業務をおこなっています。

お客様と社員を陰で支え、葬儀に専心できるようサポートします。

総務部 部長 原 忠義

大切な方が亡くなって最初にお客様との接点を持つ部署です。悲嘆されているお客様もいれば、パニックになっているお客様もおられます。私たちは、突然のことに少しでも安心していただけるような初期応対を心がけるとともに、社員を支え、お客様にとって葬儀がかけがえのない記憶にかわるよう精一杯サポートさせていただきます。また、当社で働いていることにプライドを持ち、喜びを感じられるような社内環境づくりを目指しています。

総務部 部長 原 忠義

管理部

●店舗開発

出店計画に基づき、セレモニーホールの用地確保と建設を担当しています。

●会館管理

セレモニーホールの保守メンテナンスや備品管理など受け入れ態勢に整えています。

●セレモニーレディ

通夜・葬儀の各セクションにセレモニーレディを配置し式典をサポートしています。

快適な空間づくりと、ご家族や会葬者へ心のこもったサービスを提供します。

管理部 部長 靏谷 建夫

お客様にセレモニー全体を通して満足いただける施設や設備、備品などのハードの部分と、遺族に寄り添うコンシェルジュや葬儀の進行をサポートする式場案内係員、参列者をもてなす受付案内係員で構成するセレモニーレディにしかできない細やかな気配りや心配りを提供するソフトの部分の両輪を統合的にプロデュースしています。当社のサービス品質基準として改善を行っています。

管理部 部長 靏谷 建夫

渉外部

●個人渉外

葬儀料金がお値打ちになるなどの各種特典がある会員入会を推進しています。

●会員サポート

イベント企画運営、会員向け情報誌の発刊などの会員フォローと事前相談窓口を担当しています。

生前に正しい情報を提供し、葬儀の価値を伝道していきます。

渉外部 部長 河内 信一

以前、いざという時に慌てないようにと入院中のお客様より事前相談を受け、葬儀プランの決定から遺影写真の撮影まで病院のロビーでおこなったことがありました。その2か月後、お客様は亡くなられました。葬儀を終えてご主人様より「おかげさまで妻のために最後のお別れをする時間がつくれました」と言っていただけたことは今でも忘れません。事前相談は葬儀を決めることではなく、大切な人との最後の時間をつくることです。この重要性を伝え、お客様と地域の皆様が幸せになれるよう努めます。

渉外部 部長 河内 信一

アフターサービス部

●物販

香典返し、仏壇、仏具、墓石、手元供養などを販売しています。

●法要施行

当社の葬儀ホールでおこなう法要の準備や手配、施行をおこないます。

●グリーフケア

遺族の悲嘆(グリーフ)を軽減し、日常生活にお戻りいただけるようサポートします。

多くのお客様の声をさらなる改善に変え、当社のファンを増やします。

アフターサービス部 部長 結城 政夫

アフターサービスは葬儀後からお付き合いが始まります。お客様とお会いするのは法要などの節目になりますので、頻繁にお会いすることが多くはありません。それでも私たちの名前を憶えていただき、ご連絡をいただける部署です。当社のファンをつくると同時に私たち個人のファンをつくっていると実感しています。葬儀以外に提供できるサービスの情報を発信すること、求められていることや期待されていることなどの情報を収集することが私たちの役割です。地元のお客さまからいつも頼りにされる企業を目指していきたいと思います。

アフターサービス部 部長 結城 政夫

仕事の流れ

事前準備
事前相談 渉外部 営業部
イベント 渉外部  
葬儀相談会 渉外部  
終活セミナー 渉外部
事前準備
事前相談
 
イベント
葬儀相談会
終活セミナー

ご臨終・葬儀
準備
故人のお迎え 営業部  
各種届出代行 営業部  
葬儀小物の準備 営業部 総務部
式典会場の準備 営業部
打ち合わせ 営業部
取引先への手配 総務部
ご臨終・葬儀
準備
故人のお迎え
各種届出代行
葬儀小物の準備
 
式典会場の準備
 
打ち合わせ
取引先への手配

式  典
通夜・葬儀の司会進行
式典の運営 営業部 管理部
火葬場案内 営業部
初七日法要 営業部
骨安置 営業部
式  典
通夜・葬儀の司会進行
式典の運営
 
火葬場案内
初七日法要
骨安置

葬 儀 後
葬儀料金の請求・集金 アフターサービス部
ギフト・仏壇・墓石の販売 アフターサービス部
各種法要の施行 アフターサービス部
式後の各種ご相談(グリーフケア) アフターサービス部 営業部
葬 儀 後
葬儀料金の請求・集金
ギフト・仏壇・墓石の販売
各種法要の施工
式後の各種ご相談(グリーフケア)
 

先輩社員インタビュー

  • 共通の軸×その人の色
  • 「のいり」としての共通の軸がありつつも、
    その人ごとに色がある。

    一級葬祭ディレクター

    坂元 新一

    (営業部 2005年入社)

  • 坂元 新一

入社当初は、一人の先輩社員について仕事の基本を教えてもらいました。その後、他の先輩社員についてみると、「のいり」としての共通の軸がありつつも、その人ごとに色があることが分かってきました。早く自分の色が出せる葬祭ディレクターになりたいと思いましたし、そのためにも基礎となるベースの部分を必死で勉強しました。葬祭ディレクターとなって10年になりますが、本当に奥の深い仕事だと思います。葬儀が終わった時に、こうすればよかった、ああしておけばよかったという後悔というか想いは常に出てきます。ご遺族から「よかったよ」「ありがとう」と声をかけられても、もっとできたのではと考えてしまいます。自分自身で100点だと思える葬儀は、まだ一度もできていませんね。だからこそ100点満点を目指して頑張れているのだと思います。若い人たちが今まで以上にやりがいをもって仕事ができる環境を作っていきたいと思います。ベテランと若手のパイプ役として風通しの良い雰囲気を作っていきたいと思います。

  • 感謝×重みを実感
  • 「ありがとう」のひと言に、
    感謝される重みを実感。

    一級葬祭ディレクター

    林 健太郎

    (営業部 2009年入社)

  • 林 健太郎

祖父の葬儀で、「のいり」の葬祭担当者の所作に感動したのが転職のきっかけでした。以前は物品販売の営業をやっていて、物をお届けすることでとても感謝される、そんな喜びも知っていました。でも、この葬祭ディレクターとしての仕事を通じて得られる「ありがとう」のひと言には特別な重みを感じますし、感謝の度合いが違うとさえ想えてなりません。「のいり」では専属担当者制を取り入れていて、葬儀のご依頼を受けてから葬儀が終わるまでを一貫してお客様に寄り添います。言うまでもなく一回限りのものですし失敗は許されません。私が考える「良い葬儀」とは「記憶に残る葬儀」ですので、そのためのチームワークを、とても大切にしています。葬儀というのは、故人にとって最後の晴れ舞台なのだと思います。最初は悲しさでいっぱいですが、親戚や友人たちが集まり、故人を話題にします。そして、涙ばかりではなく笑顔の思い出話がひろがり、葬儀が終わると、「おつかれさま」「みんなに送られてよかったね」「故人はきっとよろこんでいるにちがいない」、そんな言葉とともに微笑を交わしあいます。そんなシーンを目の当たりにすると、僕自身も嬉しくなります。

  • はじまり×多くを経験
  • 打ち合わせにはじまり、
    多くの流れを経験。

    一級葬祭ディレクター

    大野 守道

    (営業部 2010年入社)

  • 大野 守道

葬儀といえば、式典のイメージしかなかったのですが、打ち合わせにはじまり、準備や片づけ、その後もお客様のところにうかがったりと、多くの流れがあることに驚きました。単純に通夜・葬儀を執り行えばよいという訳ではなく、覚えることも非常に多いのですが、それが楽しかったですね。私たちの仕事は前もって予定が決まっている訳ではありませんし、長期間かけて進めていくものでもありません。一つの仕事を実質2~3日で完結させていきます。短期間に集中して仕事をする大変さの反面、すぐに結果として現れるところにやりがいがあります。葬儀が終わった後のお客様からの「ありがとう」のひと言がモチベーションにつながっています。また、幅広い年代の方と接することで、多くの経験ができたり知識が広がっていくことの楽しさも感じています。葬儀というのは、故人を見送り切ったというある種の満足感のあるものから、悲しみに包まれたケースまで本当にさまざま。そういった中に自分の身を置くことで、人の心・気持ちが理解できるようになり人間的な幅が広がったと実感できています。そういった経験をベースに、葬祭ディレクターとしての自分のスタイルというものを確立したいですね。

  • 送る想い×かなえる責任
  • 限られた時間の中で、
    ご遺族の想いをかなえる仕事。

    エンバーマー

    大島 美古都

    (総務部 2016年入社)

  • 大島 美古都

入社のきっかけは、エンバーマー資格取得のために通っていた専門学校での会社説明会でした。その後、半年の実習を経て、自分の成長に繋がる環境であると確信して入社しました。私は入社時にはエンバーマー資格を取得していたため、新入社員研修が終わるとすぐにエンバーミングをおこなうようになりました。しかし、ご遺族のお気持ちに寄り添いながらエンバーミングをおこなう経験によって、学生時代に想像していた以上に、強い責任を感じるようになりました。エンバーミングは専用施設で処置をおこないますので、お別れまでの大切なお時間をいただくことになります。顔の表情や肌の色、お身体の状態など、誰一人として同じ方はいらっしゃいません。そのため、限られた時間の中で素早く状況を判断し、処置を進める必要があります。基本的にひとりで処置をおこなうため、大変ではありますが達成感も大きくとてもやりがいを感じています。だからこそ今後は、知識、技術の向上が何よりも必要であると感じています。自分の持つ選択肢を増やすことで、一つでも多くご遺族の要望をかなえられるようになりたいと思っています。

一緒に働いていただける仲間を募集しています

募集職業一覧へ

メールでのご応募・お問い合わせは(24時間いつでもご応募できます)

メールでのご応募・お問い合わせは(24時間いつでもご応募できます)

お電話からのご応募・お問い合わせは 受付時間:午前9時00分~午後5時30分(年中無休)

0586-24-0948

このページの上部へ
資料請求はこちら